ナナイロ宝箱

その灯火が、消える前に

そんな貴方が好きなの

 

重岡大毅くん、25歳のお誕生日、おめでとうございます。今年も重岡くんのことを大好きなこの気持ちのままお祝いすることが出来ることが、とってもとっても嬉しいです。

 

 

「僕は空っぽな、クズ人間だった、」

そんな風に語っていたインタビューが、

「僕には色がないから、」

そんな風に語っていたメイキングがあったような、そんな記憶があります。

 

しげには特徴がない、と周りに言われていたりもして、もしかして重岡くんはマイナスな気持ちであんな風に答えたのかなと考えたこともありました。今思えば重岡くんにはクセしかないよな〜と思うのだけれど。(褒めてる)普通に考えたら芸能人として「色がない」ってどうなんだろうと、そんなことを自分で言うなんてどんな気持ちなんだろうと、意味もないのに私が考えたりして。

 

空っぽだったところから夢中になれるものをみつけて、ジャニーズで輝く重岡くんは、どんな色にも染まることの出来る重岡くんは、前しか見ていないようで、留まることを知らないようで、とてもとてもかっこいいです。今の自分に満足していない様で、どこまでも走るんだろうなと思わせてくれる、そんな重岡くんが大好きです。たくさんの意見や声があるかもしれないけれど、私は重岡くんの「今を生きてるぞ〜!」って声が身体から聞こえるようなそのパフォーマンスや生き方が大好きで、それこそが重岡大毅の色であり特徴だと思っています。なかなかじぶんのことを話してくれない重岡くんだけど、「実はネガティヴ」のネの字もみえない重岡くんだけど、コンサートの時に見せてくれる姿には重岡くんの生き様みたいなものを感じます。アイドルという職業を通して重岡くんの生き様をもっともっと感じていたいから、これからもどうか自分らしくいてください。

 

 

 

ここで何故か私の話になりますが、確か1年前の重岡くんの誕生日には、「もっともっと早くに好きになっていたかったなぁ」と強く思っていて、好きな気持ちが募るほど悔しさに襲われる機会も増えるなぁ…なんて考えていました。

それからどれくらいか経って、たまたま友人と話すことがあって。その子とは部活を通じて知り合ったんだけれど、ずっと他校だったのでよくお手紙でやり取りをしていました。田舎特有の文通というやつです(笑)その頃について話をしていると、そういえば今好きだよね?、と重岡くんの話になり。「あの頃はあんなに推しても靡かなかったのにな〜(笑)」と友人が言うではありませんか。私の頭の中は「???」でしたけど、少し話を聞いて、なんとなく、思い出したんですよね。

『たっちょん格好良い!』「わたしはヨコが好きだよ!」みたいなやりとりがあった中、その友人が雑誌の切り抜きを貼って、「この子関西ジュニアでね、おすすめです♡」みたいな感じだったと思うんだけれど、所謂ステマ的なことをしてくれていたんです。「その後返事くれなかったよね(笑)」とのことなので当時の私はスルーしてしまったらしいのですが、その手紙に貼ってあった切り抜きに写っていた彼こそが、何を隠そう今の私の自担である重岡大毅くんだったと。嘘みたいですよね、作り話みたい、でもね、嘘じゃないんです。本当にあった怖い(?)話。

本当に怖い。いやいや、出逢ってますやん!!!なんで???なんでその時好きにならなかったの!?もっともっと長く応援出来ていたかもしれないじゃん!!!って、思っちゃう。思ってしまっていました、けど。なんとなく、この後には納得したというか。今まではもっと早くに好きになっていたかった、もっと早く出逢っていたかった、と後悔をしたり、悲しくなったりしていたけど、そんなの無意味だなと。勿論そうなっていられれば1番良かったと思うし、私に出来なかったことをしてくれた人たちが大勢いたからこそ、彼は今輝いているんだという気持ちは持っています。有難いですよね。でも、私自身はきっとあの時あのタイミングじゃなければ好きになっていなかったし、現に実はもっと早くにあった出逢いを見つけられなかった。悔しいけど、これってきっと私が重岡くんを好きになるべきタイミングがその時じゃなかったからなんだろうな〜と。それにね、もしその当時好きになっていたとして、今もまだ好きでいられたのかな?と思うわけですよ。それは重岡くんどうこうじゃなくて、今よりももっと子どもで飽き性だった自分にそれが出来たのかなと。だから、私は今こうやって重岡くんを好きでいられるのも、神様が与えたくださったタイミングだと思っているし、運命みたいだなぁ…と想いを馳せることが出来るこの今が、何よりも大切で大好きなんです。負け惜しみみたいなこと言ってるけど、本気で今はそう考えています。

 

 

何故大事な自担の誕生日にこんな自分の話をし出したかと言いますと、何だろうな、まとまってないんですけど(おい)、重岡くんは止まってはくれないからこんな気持ちじゃダメだな、今の重岡くんと向き合わないとな、と思ったからなんですよね。ずっとここにいるよと言ってくれている重岡くんだけど、その成長はとめられるものではないからなんです。

きっと、私だけじゃないし、重岡担に限らずいるはずだと思うんです。「如何してもっと早く好きになっていなかったのかな」と後悔をしている人。でもその後悔って、「今の自担を好きになるタイミング」として再挑戦することというか、やり直しが出来ないことだから、やっぱりいくら後悔してもどうしようもないと思うんですよね。だからといって開き直って応援しろとか、クヨクヨしてないで今だけみてろとか、そんな事は言わないし思ってもないです。ちなみにあんな前述あったけど未だにクヨクヨはします()ただ、その時にも自担は私たちを置いていっているよと。そうやって羨んでいる間に前に進んでしまうんだな、成長していっているんだなと、重岡くんをみていて気づいたんです。

アイドルとしてずっとステージに立ち続けてくれるだろう、距離は遠くなってしまってもきっと私の前にいて輝いてくれているだろう、そう思います。でも、そこにいる重岡くんは進化し続けるはずで。知らないうちに前髪を切っていたり、腹筋ムキムキになっていたりする重岡くんだから。気を抜いたらどこにいるかわからなくなるくらい何時も全力疾走の重岡くんだから。会うたびに少しずつ、持っている表情が増えていく重岡くんだから。そんな重岡くんが好きだから、その少しも見逃したくはないんです。今の重岡くんをしっかりと目に焼き付けて、残しておきたい。多分今私に出来る事はそれくらいしかないな〜とも思うから。どんなところにも飛び込んでいくことの出来る重岡くんが、何色にも染まることの出来る重岡くんが大好きです。そして、そんな重岡くんがどこにいても、何色でいても、見つけることができるファンでいたいなと、改めて思います。

 

 

あ〜 何だかもう全然まとまらないし重岡くんのお祝いがしたいのにただただ自分の話してるし、何より話題が重い!!!こんな重い女にしたの誰だよ!!!重岡大毅だよ!!! 

重岡くんを好きになってから確かに私重くなったんですよ、物理的にじゃないですよ?!?(物理的にもあながち間違ってはいない)でも、こんなに毎日ハッピー☆ 自担がかわいい♡ みたいな楽しい日々を過ごせるのは何故だろうな〜と考えると、やはりあのハッピーボーイ重岡くんを好きになれたからこそなんだなと思います。大切なお友達にもたくさん出逢えたしね。重岡くんって偉大だなぁ〜! 重岡くんありがとう。いつも勝手に分析して考察して語っちゃってごめんなさい!!!好き故のです!!!大好きです!!!後にも先にも重岡くんほど好きになれる人いるのか〜って考えてラストバージン流して涙流すくらいには大好きです!!!こんな人間でごめんねって思うけど、重岡くんが誇れる重岡担になれるように少しまともに生きていきますので、どうかこれからも末長く応援させてください( ˊ°_°ˋ ) 

 

長くなりましたがね、最後にやっぱり、1番言いたい言葉を残して終わりにします。

 

重岡大毅くん、生まれてきてくれて、アイドルという道を選んで諦めないでいてくれて、本当にありがとう。貴方はわたしにとっての陽だまりそのものです。

 

 

2017 . 08 . 26